Pocket

この記事は約 2 分で読めます。

子どもが学童期に入ると、乳幼児期とはまた違った大変さを抱えていくものですよね。自分が、子どものほとんどを管理できていた乳幼児期にはないひとりの「個」としての子どもに、どう向き合っていけばいいのか?

そこで大切になってくるのは「お母さん・お父さん自身の選択肢の多さ」かもしれません。

お母さん・お父さん自身が「これは、こうしなければいけないんだ!」と選択肢を一つしかもっていないと、そこにはまらないお子さんは辛くなります。はまったお子さんでも、もしかしたら窮屈さを抱えているかもしれません。

でも、お母さん・お父さん自身が「自分の思うようになってみなさい。」「あなたを信じる。」と、どんと構えていたら、お子さん自身、ラクになるのではないでしょうか?

以下の記事では、そんなお母さん・お父さん必見の「さまざまな選択肢」をご紹介しています。ぜひ、ご覧になり、日々のお子さんとの関わりのヒントにしていってもらえたら幸いです。

【知ってた?】携帯電話を持たせる年齢の世界事情

小中高通わずに 17歳で 大学に合格した話① ~義務教育とは何か?~

小中高通わずに 17歳で 大学に合格した話② ~子どもの「天才性」を引き出す親~