Pocket

この記事は約 2 分で読めます。

こちらのサイト記事では、「発達障害とは何か?」 はたまた「発達障がいと食事の関係性」についてまとめています。

自身や近しい人のお子さんに、「発達障がい」と診断されてどうしたらいいかわからなくなっている‥ なんていう方、多いのではないでしょうか?

そんな時に出てきた「食事」というキーワード。「発達障がい」と「食事」がどんなふうにつながるの? 食事を見直すと言っても、うちの子すごい偏食だからきっとムリ‥ 等いろんな感情が出てきているかもしれません。

筆者は、「実際に障がい福祉の現場で仕事をしてきた経験」ののち、出産育児を通して「自身の子どものアレルギー体験から気づいた食の大切さ」がありました。そしてそこで出会った「食と発達障がいとの関係性」の知識をもとに、様々な方へのアドバイスをするようになりました。そんな情報を、こちらのサイトでもシェアしていきたいと思います。

「発達障がい」という言葉だけが先行していってしまっている現代ですが、まずは正しい知識と様々な選択肢を知っていきましょう。そして、自身の生活の何かしらに改善できる部分がないか探していってみましょう。その一つの選択、そこへ踏み出す一歩の勇気から、変わってくるものがきっとあるはずです。

 

「発達障がい」とは「脳の機能障がい」からくる症状のことをいう

発達障がいの種類と捉え方、そして家庭でもできること!

自閉症児との接し方~あなたはどうしてる?

[自閉症のワクチン原因説]から考える、ワクチンの現状の問題点

農薬使用量と発達障害有病率は比例する!?~そこから考える農薬問題

もし同僚が発達障がいだったら!?接し方のポイントを解説します!

食事で変わるの!?~発達障がいに食からアプローチしてみたら

アスペルガー症候群に希望が!~発達障がいへのミネラル補給の実際例