Pocket

この記事は約 2 分で読めます。

1977年にアメリカで出された「マクガバン・レポート」。そこで明らかになった「食事(栄養)と健康(病気)の関係性」。

つまり、「誤った食生活は、さまざまな病気をつくる」ということ。さらに言えば、「食を正すことにより、病気を予防できる」ということ。そして、そこでも注目された「古来の日本食」。また、昨今、世界文化遺産にも登録された「和食」。

そんな、私たちのからだの基本である「食」。そして、私たちの先祖がつないできてくれた「伝統の食」。いまは、そんな「食」の大切さが忘れられてしまっていますが、改めて見返してみませんか?

古きの良きを引き継ぎ、現代の良きを合わせていく。【 温故知新 】で、いまの自分に合った「食事方法」を見つけていってみましょう。

下の記事では、そんな「食の在り方」を考えた内容をご紹介しています。ぜひ、ご覧ください。

○○地域の給食改革によって 子どものアトピーが改善したリアルな話

食事療法の最上位 玄米菜食の力とは

【滋養強壮】薬膳効果のある食材7選~評価されるべき優秀な食材~

ジャンクフードが奇形精子を生む その理由とは‥

【 熱中症対策 】に効果的な食べ物は?