Pocket

この記事は約 5 分で読めます。

無添加コーラの材料は、

無添加でコーラを作ってみたよ!しかも甘味料は「砂糖」ではなく「らかんか(羅漢果)」にしてみました!

女性(笑顔)

コーラって手作りできるの!?

男の子(ふーん)

「らかんか」ってなーに?

らかんか(羅漢果)とは?

らかんか(羅漢果)とは、中国生まれのウリ科の果物で、それを加工したものは甘味料として使われています。そして、なんとこのらかんか(羅漢果)、砂糖の約50倍もの甘みがあると言われているのです。しかも、その甘みの主成分は「食物繊維」! 収穫してすぐに乾燥させ火であぶり続けることで、食物繊維「テルペングリコシド配糖体」が熟成して甘みが出てくるのだとか。またこの甘味成分は、体内では吸収されずに排出されるという性質もあり、体への負担がほとんどないとも言われているそう。血糖値を上げないという報告もされており、生活習慣病の予防のための食品としても使われているといいます。

「砂糖」が気になる方には、ぜひ代替えで使ってほしい甘味料ですね。

らかんかに含まれる栄養成分

鉄、リン、カルシウム、ビタミンE、カロチン、ナトリウム、カリウム、マグネシウム、亜鉛などのミネラルやまたケイ素も豊富に含まれているといいます。

らかんかの効能

抗酸化作用が高く、肝機能障害の予防にも効果が期待されています。またシミやしわの軽減、アレルギーやアトピー炎の予防も期待されています。また、腸内の善玉菌を活性化するという効能も言われています。咳止めへの効能もあるそうです。

男の子(まる)

すごいな!

そんならかんか(羅漢果)は、中国、桂林の山岳の山の斜面でしか採れない貴重なものだといいます。なぜ桂林でしか採れないのかというと、一つは環境的な要因、そしてもう一つは、中国王族がこのように優れた力を持つ作物を大切にし保護していったため、他国への持ち出しを禁止したためなのだとか。

とても希少価値の高い、そして栄養価も高いもの、それがらかんか(羅漢果)なのです。気になった方は、ぜひ一度、食してみてはいかがでしょうか。

コーラはスパイス飲料だった!?

そして、今回は、そんな「らかんか(羅漢果)」を使ってコーラを作ってみました!「コーラ」って実はスパイス飲料だった!って知ってます?

女性(腕組み)

スパイス飲料!? チャイみたいなもの!ってこと?

そうなんです。スパイス飲料で思いつくのはチャイですよね。このスパイス、(スパイスカレーの回でも出てきました、) 「食べる漢方」「食べる生薬」などと言われているほど、効能の高い食材です。そして「コーラ」も、そんなスパイス飲料の一つなのです。



無添加コーラの作り方!他にはない、らかんか(羅漢果)を使ったレシピをご紹介!

では、そんなスパイスを使ったクラフトコーラの作り方をご紹介します!そして、今回は砂糖ではなく、らかんか(羅漢果)という栄養価の高い甘味料を使ったレシピにしてみました!

女性(笑顔)

「らかんか(羅漢果)で作る!っていう発想がいいわね!! 「無添加」とは言っても、やっぱり砂糖を多く摂ることには抵抗があるから、「砂糖を使わない!」って、いいわ。

<コーラシロップの材料>
らかんか(羅漢果)   35g
水           100g
カルダモン       1g
グローブ        1g
シナモンスティック   1本
無農薬レモン      1/6コ

<作り方>

1、

<スパイスの下処理> ホールスパイス(カルダモン、グローブ、シナモンスティック)は、包丁で割ったりつぶしたりとします。こうすることで、成分や香りがしっかりと出るようになります。

 

2、

<レモンの下処理> レモンは皮ごと使いますので、国産のもの、そしてできれば無農薬のものを準備してください。(輸入品には防カビ剤が使われていますので、使用は避けましょう。)2~3ミリの厚さにスライスします。

 

3、

すべての材料を鍋に入れ、火にかけます。らかんか(羅漢果)が溶け、全体が沸騰したらOK!火を止めます。

 

4、

煮沸消毒した瓶に入れ、3~4時間寝かせます。(それ以上寝かせると、スパイスの苦みが出てしまうので注意してくださいね。)

 

5、

スパイスやレモンを濾して液体だけにします。これでコーラシロップの完成!炭酸水で割って飲みましょう! お好みの濃さで構いませんが、だいたい 水 : シロップ が 4~5 : 1 くらいがちょうどいいです。

 

砂糖嫌いな私でも飲める 「らかんか(羅漢果)コーラ」 ぜひ、みなさんも作ってみてくださいね。