Pocket

この記事は約 5 分で読めます。


心と身体を元気にする週末レシピ

女性(腕組み)

レシピがたくさんありすぎて、何を作っていいのか迷っちゃうわね・・

まずは、体感してみてください。おススメのレシピを3つご紹介します。↓

基本のごはん

これは一度作ってみてほしいごはんです!

「タイ米!」「スペイン産のオリーブオイル!アーモンド!」「モンゴル産の岩塩!」どうやって購入すればいいの!? となってしまいますよね。

最初は自分の手に入れやすいもので大丈夫だと思います。

白米3合、オリーブオイルは「エキストラバージン」オリーブオイルを使ってくださいね。それに昆布といりこ。アーモンドはなければ入れなくてもいいと思います。大豆やひよこ豆での代用も可能と書いてありますね。岩塩もとりあえずは購入できるものでいいと思います。

(写真)

すごく美味しいです!

もし、本格的に作りたい!という方は、コチラ↓のショップで「ごはんとおかずのルネサンス」おススメの食材が購入できますよ。


http://www.ilpleut.co.jp/yumitastore/renaissance/

会津の芋煮

女性(腕組み)

「芋煮」って山形じゃないの?

「芋煮」は山形県の郷土料理として有名ですよね。しかし、山形県だけでなく東北地方各地にさまざまな「芋煮」があるんですよ!

そして、地方によって、食材も若干違ったりもします。山形県内でも味つけが、地方によって「しょうゆ」と「みそ」と異っていたり、また使用される肉も、山形県では牛肉が使われますが、他県では豚肉が使われていたりともします。(→ 参照:https://hobbytimes.jp/article/20170409h.html

秋の行楽シーズンに、家族や親族、会社や学校・仲間内で、野外で(秋の味覚をふんだんに詰め込んだ)汁物作りをする「芋煮会」は、東北地方の風物詩。

こちらのレシピ集には、弓田さんの故郷でもある会津地方の芋煮が紹介されています。

これは難しい部分はないと思います。「出し」が難しければ、「だしパック」などを利用していってもいいと思います。ぜひ、一度作ってみてくださいね。本当に美味しいですよ。

オムレツ(卵焼き)

ポイントは赤く囲んである部分をきちんと理解することです。

「生クリーム」でも、植物性油脂ものではおいしさは出ないそうです。なので、動物性のものがなければ、生クリームは加えなくていいのです。そのレシピのポイントを知っていくと、毎日の料理に活かしやすくなっていきますよね。

本当は「レシピ通り」がいいと思います。でも、何か一つひっかかると、「○○が準備できないから・・」「○○が大変そうだから・・」となってしまい、取り掛かれなくなってしますよね。

なので私は、「いりこを2~3mに刻む」を「粉末状にしたもの」で代替えしたり、「チーズのすりおろし」を「粉チーズ」で代替えしたりもしてしまいます。それくらい軽い気持ちで、まずは作ってみる。から始めてみるものいいかもしれませんね。

弓田さん曰く、昔の卵焼きは、卵+塩 だけで、↑のような味わいだったのだそうですよ。現代の卵は本当に味わいが希薄になってしまっているそうです。

「現代の卵」しか知らない私たち・・ ↑のオムレツ(卵焼き)を一度作って食べてみましょう。【 本当の卵焼き 】を知れますよ。

女性(ポイント)

私もおススメの「みそ玉」を紹介するわね!

【 ミネラルたっぷりスープ 】

すごく簡単です。

*エキストラバージンオリーブオイル 大さじ1
(※「エキストラバージン」でないと油溶性のミネラル補給になりません!)
*そば粉  大さじ1
*煮干し、あご、昆布などの粉末  大さじ1
*みそ 大さじ1
( → トマトやカレー味に置き換えてもいいです。)
*乾物  お好みで  

マグカップでこれらを混ぜ合わせ、お湯(300㏄を目安にお好みの濃さで。)を注ぐだけ!

そば粉・だし粉にはミネラル分が多く含まれており、未精製オイルにも油溶性のミネラルがたっぷりなのです。

飲むだけで、身体がポカポカしてきます! 他にも、毎日飲むようにしたら「疲れにくくなった!」「肌がきれいになった!」「便秘がよくなった!」「イライラしなくなった!」等の感想が!!

*を多めに混ぜ合わせて「みそ玉」にしておくこともおススメですよ。

女性(ポイント)

私の子どもも、この「みそ玉」を作っておくと、自分で好きな時にお湯で溶かして飲んでいるわ。