Pocket

この記事は約 7 分で読めます。

女性(腕組み)

「酵素ドリンク」がアレルギーやアトピーにいい! なんて聞くのよね。でも、そもそも「酵素」って何なのかしら・・?

「酵素」とは?

「酵素」と聞いて何をイメージするでしょうか?

「酵素ドリンク」「酵素玄米」「酵素治療」etc. 「酵素○○」と書いていあると、体に良さそうな印象になりますが、「高価なサプリ」や「栄養ドリンク的なもの」といったイメージが強いかもしれませんね。

でも、じつは、「酵素」というのは、私たちの体の中にもあるし、日常の食事の中からも摂っていける。そんなふうに、私たちの体にとても密接したものなのです。

私たちの体の中にある「酵素」

私たちの体にかかすことのできない存在

「酵素」というのは、私たちの体をつくっている「大工さん」のような存在です。いくら建材が揃っていても、それを組み立てる「大工さん」がいなければ、家は建っていきませんよね。

それと同じで、いくら食べ物を摂っても、それを栄養にかえて体全体にまわしていく存在がいなければ、私たちの生命は維持していきません。その存在こそが「酵素」なのです。

このように、私たちの体は、潜在的に「酵素」というものをもっています。

私たちの体がもっている潜在的な「酵素」

しかし、この潜在的な「酵素」は、スマホのバッテリーのように、使えば使うだけ減ってしまいます。

人間の体は「睡眠」により今日一日のリセットを行っていますが、この「潜在的な酵素」に関しても、今日一日に使った分の「酵素」の補充(・・スマホでいうと「充電」ですよね。)を睡眠時に行っているのです。

つまり、体内の酵素は、一日限定生産ということですよね。そして、その生産率は、年を取るごと減少していってしまいます。なので「酵素が減っていくこと=老化」となりますね。ちなみに、「人間のもつ「酵素」がなくなったとき、人間は死に至る。」とも言われています。

そして、それらの「酵素」がどんな仕事をしているかというと、「消化」と「代謝」です。

「酵素」の2つの仕事

消化酵素

一つが、私たちが食べたものを消化・吸収することです。これを「消化酵素」と言います。

代謝酵素

もう一つが、解毒だったり、細胞を生まれかわらせたりする、いわゆる「代謝」です。これを「代謝酵素」と言います。

優先順位は?

そして、そのウエイトは 「消化」>「代謝」 となっています。つまり、「消化」に酵素をたくさん使ってしまうと、「代謝」の仕事をする酵素が減ってしまうということですね。

この特性を生かしたダイエット法やデトックス法として最近流行っているのが「ファスティング」です。これは、「代謝酵素」を増やすために「食べない」という手段をとり、さらに代謝効率を上げるために「酵素ドリンク」や「乳酸菌ドリンク」といった応援部隊をおくるといった形で、脂肪の燃焼やデトックス効果を促すものです。

そして、この「代謝を上げること」が「アレルギー改善」にもつながっていくのです。(※詳しくは アレルギー改善が期待される「ファスティング」~「デトックス」と「アレルギー」の関係性 でご紹介しています。)

女性(笑顔)

そっかぁ。「アレルギー改善」のためには、「代謝」が重要になってくるのね! その「代謝を上げる方法」が「酵素力」なわけね。

酵素力アップのための食生活

食べ方のコツ

酵素を最大限に生かすための食べ方のコツをご紹介します。100%このようにできなくても、ちょっとポイントを知っているだけで、「自分の酵素力」を高めていくことが出来ます。ぜひ、参考にしてみてください。

生で食べる!

酵素は熱に弱いです。「48℃以上になると、活性化をなくす(死ぬ)」と言われます。なので「生で食べる」ことがおススメされます。・・生サラダ、果物、お刺身など ですね。また、すりおろすことで酵素は倍増するとも言われます。

ただ、これらには寄生虫※1の心配が出てきてしまいます。そこでおススメされるのが「野菜の50℃洗い」! 酵素は50℃だと「2分で死ぬ」と言われているので、「50℃でさっと(2分以下)洗うことで、酵素がいちばん活性した状態にすることができるのです。これが寄生虫対策にもなっていきます。

※1「寄生虫」というのは、家畜のフン → 肥料 → 野菜 といった形で移行することが多くあり、生野菜からの摂取の可能性は大きいのだそうです。動物性の肥料を使っていない野菜を選んでいくこと、50℃洗いをしていくことなどが対策となっていきます。

また、高速ジューサーやフードプロセッサーで撹拌する場合は、カッター部分が回転時に高熱になってしまうため、そこで酵素が死んでしまうと言われます。なので、ジューサーを使う場合は、低速ジューサーがおススメです。それだけで「酵素ジュース」が出来上がりますよ!

発酵食品を食べる!

「発酵食品」も酵素をたくさん含んでいます。・・納豆、漬物、みそ、しょうゆ、みりん など。そしていま流行っている 塩こうじ や 甘酒 もいいですね。

日本には古来からの発酵文化があります。調味料はほとんどが発酵食品ですよね。しかし、いまは、本来の醸造過程にそっていないニセモノ調味料が多いのが現実です‥ ぜひ、本物の調味料を選べる「食選力」を持っていってくださいね。(※ 食材の選び方 参照。)

食べる順番

最初に「酵素を多く含む食べ物」を食べることで、酵素の応援部隊を送ることになります。それから、他のものを食べていくと消化がスムーズになると言われます。

つまり、トンカツ屋さんにいったら、最初にキャベツの千切りを食べてから、トンカツを食べる! といった順序にしていくと、体に優しいのです! 果物も、酵素で考えたときには、デザートとして最後に食べるのではなく、最初に食べた方がいいと言われます。

あとは、肉や魚を食べたら、その2倍は野菜を食べるといいそうです。そういった食べ方をされているお国料理って、よくよく考えてみると、たくさんありますよね。・・焼肉にレタスやサンチェ! だったり、ベトナム料理のたっぷりの香草! だったり。

食べる時間帯

また、一日のサイクルとしてみると、

4:00~12:00 排泄の時間
12:00~20:00 栄養補給と消化の時間
20:00~ 4:00 吸収と代謝の時間

なのだそうです。そのため、

朝食は、軽く、サラダや果物などの酵素を多めに。生食9割。(もしくは朝食なし)
昼食は、生食6割。
夕食は、生食3割。

が理想となってくるのだとか。

その他

寝る3時間前は食べない。
腹8分目で食べる。
胃がもたれているときは、断食する。 などですね。

自分にできることを できる範囲で取り入れていけばいい!

こういう情報をみると、完ぺきにやろうとして、でも出来ない・・ と諦めたりすることがありませんか?

でも、100%でなくてもいいんですよ。「自分にできることを、できる範囲で取り入れていってみる!」それで十分です。

ちょっとトンカツ定食の食べ方のコツを知っているだけで、体が喜ぶとしたら、ちょっと得した気分になりますもんね。そういう「ちょっと」を大切にしていってもらえたら、それだけで「酵素力」がアップするように思います。

ぜひ、酵素を、上手に、効率よく摂っていけるような「ちょっとした」工夫や意識を持っていってみてくださいね。

女性(笑顔)

そうよね。「ちょっと」でも変わってくるわよね!