Pocket

この記事は約 10 分で読めます。

女性(腕組み)

「ADHD」って、「多動!」みたいなイメージだわ。

イメージばかりが先行してしまっている「ADHD」

「ADHD」という言葉は、すごくメジャーになりましたよね。そして「落ち着きがない」や「多動」などのイメージが強いと思います。

ゆえに、自分の子どもに落ち着きがなかったり、多動性がみられたりすると、「もしかすると、ADHDなんじゃないかな・・」と思ってしまったり、学校の先生に「授業中に落ち着きがないから、発達相談に行った方がいい。」と言われた。という話もききます。

他にも、「学校にあがったのに、いつも、集団行動からそれてしまっているようだ。」「いつも、ぼぉ~としていて、先生の話を聞いていないようだ。」「他のことへの切り替えに、他人に迷惑をかけるくらい時間がかかっているようだ。」などということがあると、「うちの子『発達障がい』なんじゃないかな!?」なんて考えてしまう親御さんも多いようですよね。

「ADHD」とは?

「ADHD」というのは「注意欠陥・多動性症候群」と訳されます。(※「注意欠陥」→「注意欠如」と改名されたといいますが、まだまだ「注意欠陥」という言葉の方がメジャーです。)

注意をはらったり、行動を計画したり・統合したりする部分に「できない」を抱えている場合に、そういった診断名がつけられますね。

「ADHD(注意欠陥・多動性症候群)」の場合は、3つに分けて考えられています。

<不注意>
* 忘れ物が多い
* 気が散りやすく、何かに手をつけたまま、他のことにも手が出る。
* 片付けや整理整頓が苦手。 etc.

<多動性>
* 落ち着きがない。
* 体を常に動かしている。
* 過度なおじゃべり。 etc.

<衝動性>
* 思いついたらすぐ行動する。
* 周りへの影響を考えられない
* 順番が待てない。
* カッとなると、すぐ手が出てしまったりすることもある。 etc.


そして、さらに、この3つの中のどの部分が特に苦手かで、

1 多動性・衝動性が強いタイプ

・落ち着きがなく、常に動き回っている。
・衝動的に発言をするために、相手の会話をさえぎってしまったり、自分の話ばかりを延々にしていたり。
・誰かがやっていることをさえっぎって自分がやってしまったり、順番を待たずに入ってしまったり。
・カッとなると、すぐ、手が出てしまう。 etc.

2 不注意が強いタイプ

・忘れ物が多い。
・部屋を片付けられない。
・気が散りやすくて、あっちにこっちに手が出るけど、すべて中途半端になってしまう。
・好きなことにはとことん集中するが、切り替えができない。 etc.

3 多動性・衝動性 + 不注意 を合わせ持つタイプ
 ↑ 1と2が両方あるタイプ。

とされています。


女性(頭をおさえる)

えっ、うちの子も、私も、当てはまることばかりだわ・・

そうなんです。これって「誰にでも当てはまること」なんですよ。私自身、すごく忘れっぽいし、衝動性(感覚で動くこと)もあるし、好きなことをしている時はなかなか止められないし、すぐに物が山積みになってしまいます。

でも、私は、それによって「困っていない」んですよね。問題は「この症状に当てはまるかどうか?」ではなく、これらによって「本人が困っているかどうか?」の部分なんです。だから、この項目があてはまるからといって、不安になる必要はありません。

「ADHD」が抱える困難さとは?

私は ↑ のようなことがあるけど、自分自身がそれに対して困っていません。でも、それで「困っている」人もいます。

例えば、こんなサラリーマン

「仕事上で、上司から指示されたことを いつも 必ずといっていいほど 何か一つ忘れてしまう・・といった会社員。当然、それによって「会社の不利益」につながってしまうこともありますよね。

でもそれは、本人が、悪気があってやっているわけではなくて、「なぜか、いつも、抜けてしまうこと」なのです。しかし、それで、たくさんの人に迷惑をかける結果となってしまっている。

女性(腕組み)

確かに、それは「困る」わね。

この場合、周りからしたら「出来て当たり前のことが、何でできないのか?」「やろうという努力がないから できないんじゃないか!?」という「怒り」になっていってしまいます。

でも、本人はとても「つらい」のです。努力をしていないわけではないのに、なぜか できない自分・・ どうすればできるようになるかわからないままに、同じことを繰り返してしまっている自分・・ その上、上司には「君はいつもそうだ。」「君には大切な仕事は任せられない!」と言われる。ひどければ、会社を辞めさせられてしまうことにつながりかねない。

こんな状況の場合は、「できなくて 困っている」でしょ。じゃあ、どうすればいいのでしょうか?

それは、自分のそういう「できない」をきちんと知っていくことなのです。どうしても、私たちは嫌なことから逃げてしまいまったり、自分を正当化してしまったりとするのですが、逃げていたら同じことの繰り返しになるだけなんですよね。だから、向き合うことが必要です。そして、その「できない」を補うための工夫や方法を見つけ出せればいいのです。

例えば、上記のサラリーマンの場合は、「指示されたときに、それを一つ一つメモにして貼っていく。」とか、「完了した部分から剥がしていくようにする。」とか。そうすればモレがなくなるでしょ。

そういった方法を習慣づけしていけば、その人の「困った」は減っていくはずなんですよね。

「診断名」をもらうということ

「その子」は何に困っていますか?

「子ども」に話を戻すと、「子ども」というのは誰でも、多動だし、じっとしていないし、気があちこちに散るものです。片付けや整理整頓が得意な子もいれば、苦手な子もいるし、カッとなって、すぐに手が出る子もいると思います。

でも、それって、取り立てて「発達障がい」という診断名をもらわなければいけないことなのでしょうか?

これから自分というものを作りあげていく段階の、「子ども」特有の未熟さが原因だったりもするじゃないですか。ほんとに、「それによって、本人の中に「困った」が生じているのかどうか?」 まずはそこに着眼点をおいてみてください。一番近くにいる親御さんが、ちゃんと子どもに目を向けていれば、必ずわかるはずです。

そして、その解決方法を一緒に考えてあげられれば、取り立てて「発達障がい」の診断名はいらなくなってきますよね。

「診断名」をもらう利点が少ない場合も多い・・

「発達障がい」は、診断名をもらったり、障がい者認定をもらったからといって、生活がしやすくなるわけではありません。

「身体の障がい」のように「目に見えてわかる」困難さの場合は、「障がい者認定」を受けることで、車いすや装具を手に入れやすくしたり、公的なサービスなどを受けやすくしたりとすることができるという利点がありますが、「発達障がい」のような「脳の機能障がい」というのは、「目に見えにくい」ので、サポートも受けにくく、周囲に理解してもらうにも、いまの日本社会では難しいでしょうね・・

例えば、こんな実例があります。

どうしても周りに馴染めていない高校生の娘さん。母親として どうしても違和感があり 精神科を一緒に受診する。→そこで「発達障がい」の診断名がつきます。

お母さんは、ホッとしました。「あー、やっぱり、自分の感じていた違和感は当たっていたんだな。」って。そして「発達障がいは、脳の機能障がいなので、お母さんの育て方が悪いんじゃないですよ。」なんてもお医者さんから言われ、さらに胸のつかえが降ります。

そして、そこで解決策として出されるのは、精神薬だったりするのです。

男の子(虫眼鏡)

へー。でも、このお姉さんは、どんな気持ちなのかな・・

そう。ここで、ホッとして胸のつかえが降りたのは「お母さんだけ」ですよね。「当の娘さんが、どんな気持ちでいるのか?」 の部分が忘れられています・・

娘さん本人は、「発達障がい」の診断名がついたことで、「レッテルを貼られた・・」というような孤独感を味わい、「自分はクスリを飲まないといけない人間なのか・・」と思い苦しんでいたのです・・

いまの日本社会は、「障がい者」にとって、決して住みやすい社会ではありません。「障がい者」となったら、特別扱いされ、孤独感を味わってしまうような社会です。そんな中で、目に見えにくい「発達障がい」の認定をもらうことは、精神的なダメージの方が強くなってしまうのです。

それはもう「「発達障がい」と言われた自分との葛藤」であって、「できない」がゆえにもっている「困った」とは、全く別のものですよね。そしてこういった場合、精神的に追い詰められていき、精神病を併発してしまうケースも少なくありません。

女性(腕組み)

結局、何も解決しない・・ ってことなのね。

そうなんですよ。いまの日本社会では、「クスリで解決しましょう!」となっていく傾向がとても強いのですが、クスリには必ず副作用がついてきます。そういう部分には目が向けられていません。そして、もともとの「何に問題があったのか?」も見逃されてしまっています。

これが、高校生じゃなくて、中学生や小学生、ましてや幼児だったりした場合でも、まだまだ、自分っていうものをつくっている途中段階で「障がい児」として育てられてしまうことというのは、その子の「心」に、相当なダメージを与えてしまいます。

「発達障がい」というのは、診断名をもらわなくても、その子自身が自分のことをよく知って、苦手なことを補う方法を自身で習得していければ解決する場合が多くあります。そうやって「生活のしにくさ」を埋めていけばいいのです。

だから、「お医者さん」や「診断名」や「学校の先生」や「専門家」に委ねすぎずに、まずは一番近くにいる親御さん自身が、その子の「困った」がどこにあるのか? それを解決するために何ができるのか? に目を向けてみてくださいね。

また、じつは、「ADHD」と診断された子が、お菓子とジュースを止めたら、「ADHD」が治った! なんていう話もあるんですよ。

あなたのお家の「食」は大丈夫ですか?

詳しくは、 「発達障がい」シリーズ④~「ADHD」と「食」の関係性~ へ。

女性(ショック.)

えっ、「食」も「発達障がい」に関係するの!?