Pocket

この記事は約 11 分で読めます。

こんにちは。今回のテーマは「自閉症児との接し方」についてです。

こだわりが強い、すぐ癇癪を起こす、集団の輪に入ろうとしない etc そんな子に対して、どう声かけをしていったらいいのか? どう接していったらいいのか? そんな迷いを感じることもあるのではないでしょうか?

そこで今回は、実際例を見ていきながら、本人の内面とそれに向き合った教員の対応方法に触れていってみましょう。そこから、自閉症児の世界やコミュニケーションのポイントが見えてきますよ!

実際例から見てみる!

『自閉症・ADHDの友だち』という、特別支援学校の先生が書かれた本に載っているK君のお話をご紹介しますね。

K君は、その先生のいる特別支援学校に、小学部より入学してきたそうです。そしてその先生は、彼が1年・2年のときは、傍から「駐車場で先生に囲まれながら寝転び 泣きわめいている姿」や「プールサイドで 先生に追いかけられながら逃げいてる姿」をみていたといいます。そしてK君が3年生のときに自分が担任になりました。

この本には、そこからの関わり合いについて 書かれています。

自閉症の特性

以前は「自閉症」「アスペルガー症候群」等と細かく分類され、その総称で「広汎性発達障害」と呼ばれていましたが、現在は「自閉症スペクトラム症」という診断名に統合されています。

自閉症というのは、主に、コミュニケーション能力や人間関係の部分に「できない」を抱えている場合にそういった診断名がつけられます。そして、こんな「できない」を抱えていると言われます。

<人と上手くつき合えない>

  • 他の人と目線が合わない。
  • 感情を、表情や身ぶりで表現することができない。
  • 周りに関心がないようにみえる。
  • 相手の気持ちを想像できない。

<コミュニケーションが上手くとれない>

  • 言葉で意思を伝えることができない。
  • 相手の言ったことを、理解できない。
  • オウム返しをする。
  • 抽象的なこと、例え話などの理解ができない。
  • 自分の話したいことだけを一方的に話す。

<行動にパターンがあり、こだわりが強い>

  • 落ち着きなく手を動かしたり、部屋の中を行ったり来たりする。
  • 行動にパターンがあり、予定外のことがあると行動できなくなる。
  • パニックになることもある。
  • こだわりが強い。
  • 興味があることに対しては、深く覚えていく。

しかし、ひとくくりに自閉症といっても、十人十色です。それに「できない」の範囲も、深さも、やはり「それぞれ」です。

実際例:K君はどうしてそんな行動をしたのか?

例えば、これは他の「発達障がい」の特徴にもあげられていますが、「目に見えないものがわかりにくい」といった特性があります。具体的には「時間」や「暗黙の了解」などの部分を理解しにくい人が多いです。

では、↑のK君の場合で考えていってましょう。

K君はなぜ、駐車場で先生に取り囲まれて泣きわめいていたのか?そこにはこんな理由がありました。

彼は、車が大好きなんだそうです。でも、彼の中には「授業中だから外へ行ってはいけない」とか、「勝手な行動をすると先生に迷惑がかかってしまう」とか、そこの部分の認識がないんですね。とにかく「車が見たい!」で、駐車場に走っていってしまうのです。そして、興味があるものは触りたい!なので触るのです。そこにも「他人の車にさわってはいけない」とかといった認識はありません。

つまり、ここでのK君の内面は「車が好き!見たい!触りたい!」だけなんですよね。そしてそれに伴って行動をしているだけなのです。

でも、それを先生に止められるでしょ。すると、わけがわからなくなります。 寝そべって泣きわめくしかなくなるのです。

そして、先生たちも 手がつけられないというか、どうしていいかわからない状況になります。

女性(腕組み)

なんだか、小さい子みたいね。

そうなんですよ。よくおもちゃ屋さんの前でおもちゃが欲しくてダダをこねている子とかと同じですよね。

それが、幼児の場合は、成長に伴ってその「できない」が「できる」ようになっていくでしょ。でもK君の場合はその「できない」を抱えたまま 小学生になっているということなんですね。

女性(腕組み)

そっかー。そういうふうにイメージすると、K君 の中の「つらさ」が理解できるような気がするわ。

実際例:先生はそれに対してどういう対応をしたのか?

そしてこの先生が担任になったときにしたのは、「何がいけないのか?」「どうすればよかったのか?」をK君に伝えていくということでした。

『車を見るだけならいい。触るのはダメ。』『車を見に行きたくなったら、「くるまみたい」カードを首から下げること。』というように、本人にわかるような言動をもって、教えていったそうです。

すると、K君は、駐車場で寝転び、泣きわめくことはなくなっていったといいます。

女性(笑顔)

つまり K君は、車を見に行くための方法を知らなかっただけ。ということなのね。

そうなんですよ。やり方がわからないから、勝手に行ってしまっていたのです。そして、わけが分からずやりたいことを阻止されるから、泣き騒ぐしかできなかったのです。

でもこの先生は、K君の「できない」がどこにあるのかをきちんと見て、それに寄り添い、わかる方法を一緒に探してくれたんですね。そしてそうすることで、K君の中の混乱はなくなっていき、泣き騒ぐこともなくなっていったのです。

自閉症の世界を理解できれば、接し方のポイントが見えてくる!

自閉症の世界

よくよく考えてみると、私たちを取り巻く環境というのは「目に見えない」ことだらけです。

  • その場の雰囲気とか、
  • 空気感とか、
  • 言葉の一つ一つがもっているたくさんの意味合いとか、
  • みんなが常識としてわかっていることとか、
  • 人の心とか、

そういうものが「わからない」状態って想像できますか?

よく「自閉症者の世界」というのは、「言葉も文化も全くわからない外国に、一人ぽつんと置かれた状態」なんて例えられます。

  • まわりの人が話していることの意味がわからない‥
  • そこの風習や習わしも、わからない‥

どうしていいか わからなくなりますよね。

女性(ショック.)

そうね。

でも、そういう状況でも「打ち解けられる瞬間」ってあったりしませんか?

例えば、みんなで一緒にスポーツをしたり、例えば、好きな音楽を一緒に聞いたりすると、言葉が通じなくても打ち解けられたりしますよね。

非言語コミュニケーション

言葉を介しないコミュニケーションのことを「非言語コミュニケーション」といいます。

赤ちゃんとか、幼児とか、言葉をまだ習得していない子どもでも、コミュニケーションってとれるでしょ。そんな感じです。そしてこれは、子ども同士、日常の中ですごくやっているんですよ!

子ども同士が遊んでいる姿をみていると、ちゃんと、相手を待ったり相手にゆずったりということを、言葉を介しなくてもやっています。「ごめんね。」という言葉がなくても、自然と許し合える瞬間があったりもします。

「ごめんね。」と言わせてはじめて仲直りが成立する。と思っているのは、じつは大人だけなんですよ。子どもたちにとって「言葉」ってそんなに重要じゃなかったりするんです。

男の子(ふーん)

そうそう。大人に「ごめんなさいは!?」「なんで言わないの!?」って言われても、返って「ごめんね」って思えなくなったり、言えなくなったりするんだよね‥

女性(腕組み)

そっかー。大人目線だと、ついつい子どもには言葉とか形にこだわったことしちゃうけど、確かに赤ちゃんには言葉とか形は求めないわ。でも気持ちを理解できちゃうわよね。

そうなんです。対赤ちゃんにだったら、みんな非言語コミュニケーションをしているんですよ。それが、言葉を話せるようになっていくと同時に、言葉に重きを置くようになり、言葉ばかりを求めてしまうようになるんですよね、不思議と。

自閉症の場合、言葉をもつ子ともたない子といますが、例え言葉をもっていたとしても、それを意思伝達のツールとして使えていない場合も多いです。発声を楽しんでいるだけ、とか、言われた言葉をただ繰り返して(おうむ返し)いるだけとか。

そういった場合に、大人:「ごめんね、って言いなさい!」→子ども「ごめんね、」と言葉では解決したように見えても、じつは、何で「ごめんね、」って言わされたのかわからない、とりあえず言っとけば大人が落ち着くから言っただけ。だったとしたら、根本の問題は何も解決していないし、子ども同士のコミュニケーションも取れていないですよね。

女性(腕組み)

ほんとね、それじゃまた同じことの繰り返しになっちゃうわ‥

そうなのです。なので大切なのは、言葉や形ではなく、その内側がどんなふうになっていたのかの部分に意識を向けていくことなのです。

なのでぜひ、脳の機能障がいにより言葉を上手く自分の意思を伝えるツールとできていない子に対しても、赤ちゃんに対するように、「この子はどうしてこんな行動をしたんだろう?」「この子は何を求めているんだろう?」といった意識を向けてみてください。すると、赤ちゃんに対して向けた意識が自分に返ってくるように、その子に対して向けた意識も自分に返ってきますから。

「非言語コミュニケーション」というと難しく感じてしまいますが、じつは、みなさん(赤ちゃんに対して)できているんですよ! それはつまり、言葉を話すようになった子に対してもできるということ。「言葉で話せるんだから、言葉で話しなさい!?」っていう自分の中の思い込みを外せばいいだけなのです。

女性(笑顔)

なるほど。「思い込み」がジャマをしているわけね。

まとめ

意外に私たちは、自身の目線や経験でいろいろと判断し、それを子どもに対しても求めてしまいがちです。「そんなことをやったら危ないからやめなさい!」と、本当に些細なことでも、その子の体験の機会を先回りして止めてしまったり、自分ができることを相手もできると思い、「なんでできないの!?やらないの!?」と相手を責めてしまったり。

「発達障がい」という特性があると特に、何が「できない」のかが目に見えてわかりにくいので、相手の「できない」にイライラしてしまったりすることもありますよね。

でもそこで、「自分は!」という視点から、「この子にとってはどうなのだろう?」という視点に、ちょっと変えてみることはできないでしょうか。「自分は!」「自分だったら!」その思い込みを外すのです。すると、ふと相手の気持ちが垣間見えたりするものです。

その視点の転換や自身に向けられた意識って、必ず目の前のお子さんに伝わっていくと、私は思うんですよね。

とは言っても、自閉症の世界って未知ですよね。そこで最後に、東田直樹君をご紹介して終わりたいと思います。

おまけ

自閉症の世界を伝えてくれる当事者:東田直樹君をご紹介します。

彼は「重度の自閉症」です。言葉は発しますが、言葉での会話は難しいようです。そして、突然跳んだり跳ねたりする自閉症特有の動きもあります。ただ、彼の幼少期からのお母さんの努力がものすごく、彼は、文字を介して「自分の気持ちを伝える」という術を習得しているのです。

そして、そういったツールを使って、たくさんの詩や物語を書いていたり、また自閉症である自分の内面をつづったエッセイも出しています。 そして、講演活動も行っているようです。

そんな彼が、13歳のときに執筆した、一問一答方式の『 自閉症の僕が飛び跳ねる理由 』

そして、大人になってから執筆した、『 跳びはねる思考 ~会話のできない自閉症の僕が考えていること~ 』

自閉症の当事者が、自身の内面を文章に表している、というのは世界的にもとても珍しいことなんですよね。なので、この書籍をきっかけに自身の自閉症の息子の内面が知れたような気がすると、海外からの面会者もあるくらいなのだそうです。

気になった方、興味がわいた方は、ぜひ一度手に取って 読んでみてください。自閉症の内面に少し触れられる機会になりますよ。