Pocket

この記事は約 8 分で読めます。

女性(腕組み)

アトピーだと食物アレルギーも出てくる。って言うわよね。でも、だからって、どうすればいいのかしら・・?

アレルギー疾患のつながり

アレルギー疾患のいろいろ

アレルギー疾患と言ってもいろいろありますよね。「アトピー性皮膚炎」や「食物アレルギー」は代表的なところですが、他にも、「花粉症」「アレルギー性鼻炎」「アレルギー性結膜炎」「金属アレルギー」などといったものもあります。あとは意外に「アレルギー」と認識されていなかったりとしますが「気管支ぜんそく」もアレルギーの一種です。

そして、よく、アトピーと食物アレルギーの併発、アトピーと気管支ぜんそくの併発、食物アレルギーと気管支ぜんそくの併発、etc.いろいろな併発を耳にしますよね。

こういったことはなぜ起こるのでしょうか? その疑問を解決するためには、まずは「アレルギーとは何か?」を理解できるといいですよね。

アレルギー症状はその人の弱い部分に出てくる

「アレルギー」というのは、免疫の過剰反応なのですが、そもそもが「アトピー素因」という遺伝的要因をもった人(俗に言う「アレルギー体質」の人)になりやすいものです。そしてそれらは、その人の弱い部分に症状として表れていきます。

例えば、

皮膚にでれば → 「アトピー性皮膚炎」
呼吸器にでれば → 「気管支喘息」
にでれば → 「食物アレルギー」
にでれば → 「花粉症」「アレルギー性鼻炎」
にでれば → 「アレルギー性結膜炎」

といった感じになります。なので、これらを複数に併せもつということも出てくるんですよね。

あとは、最近よく耳にする「アトピー咳嗽(がいそう)」という疾患。これは、よくよく調べてみると、アトピーの人がなりやすい咳がつづく病気で、ぜんそくに似ているけど、ヒューヒューという喘鳴がないの場合にそういった診断名になるそうですよね。これも結局は、同じアレルギー疾患の一つです。

「アレルギーマーチ」

さらには「アレルギーマーチ」というものもあります。これは「アトピー素因」をもっている人が、年齢とともに、いろいろなアレルギー疾患を、かわるがわる発症していくことを言います。

例えば、

乳児期 : 卵と乳の食物アレルギー

幼児期 : ダニアレルギー or アトピー性皮膚炎

学童期 : 気管支喘息 or アレルギー性結膜炎

思春期 : 花粉症

成人期 : 成人型気管支喘息

といった感じですね。

結局、アレルギー疾患というのは、体質によるものなので、「どこにでるか」「何をアレルゲンとするか」の違いだけで、根本的な部分は同じなのです。

「要因は何か?」に目を向けられるといい

私たちはよく、「どんな診断名がつくのか?」とか「診断名がつくことを避けよう‥」とかと思ってしまうんですよね。例えばアトピーにしてもぜんそくにしても、一定期間、その症状が続くことで初めて診断名がついていきますが、その診断名がつく前の段階では「まだ、アトピーじゃないから大丈夫。」「まだぜんそくじゃないから大丈夫。」と自分に言い聞かせたり、診断名がついてからも「クスリを飲んでいるから大丈夫。」と思ってしまうんですよね。

でも、そうやって症状として出ている時点で、その根本に何らかの要因があるわけだし、いまの日本の医療の在り方だと「症状を抑える」という部分に重きが置かれてしまっているので、根本部分の解決にはなっていかないんです。

(※「いまの日本の医療の在り方」については、日本と世界の医療の在り方の違い 参照。)

もちろんそれが、風邪などによって一過性の原因による場合もあるかもしれませんが、母親の直観として「いつもと違うな・・」というのがあれば、その根本の要因は何か? に意識を向けてみましょうね。

じゃないと、(根本が改善されないまま、症状だけ抑えこんでいくいまの日本の医療の在り方に浸かっていては、)お子さん自身が、ずっと、どこかしらに不調を抱えたまま生きていかなければならない状態を生み出してしまいます。

女性(腕組み)

確かに。それじゃダメよね。でも、根本の原因って改善できるものなのかしら・・?

アレルギーって治るの?

まずは、「環境的要因」を減らしていくことで、改善していきます!

アレルギーというのは「遺伝的な(体質的な)要因」も確かにあります。しかし、それ以上に「環境的な要因」の方が大きいとも言われているのです。つまり、アレルギ―体質を持っていても、環境を整えることで発症せずに済む人もいるということ。

「環境的要因」は、例えば、汚れた空気などは避けきれない部分もありますよね。でも「食」だったり「生活のリズム」だったりは、自分の意識次第で変えていくことができます。

腸内環境を整えてあげることも大切です!

「アトピー性皮膚炎」の子は、腸の状態がよくない(荒れている)ことが多いと言われます。なので「食物アレルギー」も併発しやすいのでしょうね。また「発達障がい」の子も、腸が荒れている子が多いと言われます。

「アレルギー」は免疫の過剰反応によって起こります。そして、その免疫の6~7割は腸にあるのです。現代社会の「食の乱れ」「生活のリズムの乱れ」は、腸内環境の悪化を招いています。

こんなふうに「腸内環境」と「アレルギー」には密接な関係性があります。なので、ぜひ「腸」にも、意識を向けてみましょう。そしてこの腸内環境改善は、体質改善にもつながります。

【 腸内フローラ 】食べ物や生活の工夫から体内の「善玉菌」を増やす方法アレルギー改善が期待される「ファスティング」~「デドックス」と「アレルギー」の関係性 参照。

子どものアレルギー改善のために私たち大人ができること

結局は「衣・食・住」を整えてあげること

逆を言えば、「食」や「生活のリズム」が崩れてしまっていることにより、「アレルギー」という現代病が生まれてしまっている。ともとれますよね。

なので、私たち大人が、目の前のお子さんのアレルギーに対して出来ることは、そういった「食」や「生活」の在り方かえりみること。つまり、「衣・食・住」をきちんとした形に戻していくことなんですよね。

でも、それが、いまは、すごく大変なんです・・ 私たちを取り巻くほぼ全てのものが、化学物質によって汚染されているので・・ だから、まずは現状を知ってください。そして、知った上で「選択力」をつけてください。

例えば、

界面活性剤を、合成→天然に変える。もしくは、使わない。とか、(※子どものアトピー シャンプー石鹸はどう選ぶ? 参照。)

水道水の塩素を除去する。とか、(※日本の水道水をそのまま信用してはならない その理由①日本の水道水をそのまま信用してはならない その理由②~水道水の塩素除去対策を伝授~ 参照。)

衣類の繊維を、天然のものにするとか、天然のもので染めるとか。(※アトピー用の服には。薬用成分を持つ「藍染め」がおススメ 参照。)

女性(腕組み)

なにか、「化学的なもの」を止めて「自然のもの」に切り替える。という共通点が見えるわね。

「アレルギー」がもつ「メッセージ性」

「アレルギー疾患」というもの、その根本にあるもの、それを改善するための方法論、・・そういった部分が理解できてくると見えてくる「化学物質の重み」と「自然への感謝の気持ちを持つことの大切さ」。

きっと、ここに、多大なるメッセージ性があるのでしょうね。

いま、化学物質が地球に与えている影響というのは、じつは、ものすごく大きいものなのです。日本のように、発展国で、物流がまわっている環境下に過ごしていると気づきにくいのですが、そこのひずみが「アレルギー」という形で表れているのでしょう。

だから、私たちは「アレルギー」を通して、社会のこと、環境のことまで目を向けていかなければいけないのだと思います。そして、そういう部分まで意識を向けられたときに初めて「アレルギー症状」は改善に向かっていくのではないでしょうか。