Pocket

この記事は約 7 分で読めます。

「奇跡の水」

映画「もののけ姫」にでてくるような、浸るだけで 傷がみるみる治るような「神聖なる奇跡の水の泉」が、本当にあるらしいです!

~ アメリカのある地方でのこと。けがや病気をした野生の動物が向かった森。そこで、まっ黒い地層から流れでる水を飲み、みるみる元気になる動物の姿。

それを目撃したのは、インディアンでした。以来、インディアンは、その「神聖なる奇跡の水」を利用するようになったのだとか。~

これは作り話ではありませんよ。大昔に、本当にあった話らしいです。

そして近年、なぜこの水が「奇跡の水」なのか? が、科学の発展によりわかったそうです。この水には、ナノサイズの「植物性ミネラル」が、70種類以上も含まれているという事実があったのだとか!

今回は、この「ミネラル」に着目していきましょうね。

女性(笑顔)

何だろう「ミネラル」!? すごそうね!


「ミネラル」ってなに?

「ミネラルウォーター」などでよく耳にする「ミネラル」という言葉。でも、「ミネラル」というのは、そもそも、どういうものなのでしょうか?

五大栄養素の一つ

位置づけ的には、「五大栄養素の一つ」となっていますよね。(※五大栄養素は、「たんぱく質」「脂質」「糖質」そして「ビタミン」「ミネラル」です。)

なかでも「ミネラル」は「からだの調整役」と言われています。しかし、昨今の科学の発展により、その重要性は、今まで言われていた以上だった!ということもわかってきたそうです。

微量でいい

なぜ、最近になってそれがやっとわかったかというと、この「ミネラル」は、必要とされる量がとても微量なのです。具体的には「1g中に10万分の1g程度の量で、十分に機能する」のだとか。実際に、五大栄養素のうちに「ミネラル」がしめる割合も4%だけなのです。

チームプレー

そして、「ミネラル」といってもたくさんの種類があります。「鉄」「カルシウム」「亜鉛」などは有名ですよね。しかし実際は、70種類くらいあるといいます。おそらく、科学がもっと発展すると、もっともっと見つかっていくのかもしれませんね。

そして、これらが「チーム」で働くというところがポイントとなってきます。逆を言えば、「チーム」じゃないと働けないのです。なので、「鉄」や「カルシウム」といった栄養素のサプリメント等もありますが、単品でとっても効果がないとも言われます。気をつけていきましょうね。

そして、このチームが最強です! このチームのお仕事をご紹介しますね。

①ビタミンが効果的に働く
②筋肉をやわらかくする
③丈夫な骨格をつくる
④良質な「血液」をつくる
⑤身体内のバランスを調整する
⑥抗酸化(老化防止)する
⑦細胞をつくる
⑧消化促進
⑨ホルモンが効果的に働く
⑩酸素が身体内で効果的に働く
⑪免疫機能の活性化
⑫酵素が身体内で効果的に働く
⑬エネルギーの蓄積
⑭解毒効果
⑮神経を正常に働かせる
⑯栄養の代謝を効率良くする

( ※ これらの働きについては 体をつくるために必要不可欠な「ミネラル」~その特性と働き で詳しく説明しています。)

女性(笑顔)

わー すごい!

「ミネラル」を効率的にとっていく方法

では、どうしたらこの「ミネラル」を上手に摂りこんでいけるのでしょうか?

温泉

「温泉水」は=「最強のミネラルウォーター」です。

「温泉」というのは、地球の内側から出してきているものなので、自然環境の中に含まれている「ミネラル分」を多く含んでいます。「自然の恵み」がつまっているということですね。

そして、日本には「湯船にゆっくりつかる」という習慣があります。これは、ゆっくり、じっくり、温泉につかることで、皮膚から「ミネラル分」を補給していけるということ。これによって、体の全体的な「ミネラル量」を増やしていけるのです。

「塩」は「ミネラルのかたまり」です。特に「海水塩」がミネラル分を多く含んでいます。

※ 化学的に作られた塩は「ナトリウム」だけを人工的に作りだしているので、上記のチームプレーになっていきません。「塩の選び方」には十分に気をつけていきましょうね。(【 食材選びのポイント 】塩 参照。)

野菜

野菜も「ミネラル分」を多く含んでいるといわれます。これは、土に含まれているミネラル分を野菜が吸い上げているからです。しかし、ここで問題が発生しているのです‥

野菜が抱えている問題

人間が、「農薬」や「除草剤」や「化学肥料」などの化学物質を多用してきた結果、地球上のミネラル分が枯渇してしまっているという問題が起きているのです。そして、土のミネラル量が枯渇しているということは、それが野菜にも影響しているということです。

女性(頭をおさえる)

こんなところにも「環境汚染の影響」がでているなんて‥

野菜に含まれる栄養素が、年々、減ってきている事実をご存知でしょうか?

ほうれん草で、1952年のものと2001年のものとを比較したデータを見てみると、鉄分が1/6に、ビタミンAが1/2に、ビタミンCが1/4に減っていることがわかります。

2001年から現在まででみれば、さらに減っていることでしょうね‥ つまり、昔と同じ量の栄養素をとろうとおもったら、昔の何倍も食べなければいけないということなのです‥

サプリメント

そのために「現代人は、みな、ミネラル不足である‥」と言われるのです。そして、「それが病気の引き金になっている!」とも言われます。

そこで、「サプリメントなどで上手に補給していこう!」ということになるのですが、ここで注意したいのは、ミネラルはチームプレーであるということです。つまり、単発的にとっても意味がないということですね。

よく「貧血だ」といって「鉄剤」や「鉄のサプリメント」を飲む。などがありますが、それでは効果がないのです。ほんとに複合的なものですよね。「自然の恵み」そのままのものを「ミネラル サプリメント」にしたものがあるので、そういったものを選んでいってくださいね。

選ぶポイントは、「植物性」「70種類以上のミネラル分を含んでいるもの」です。( ※ 「ミネラル」の効果的な取り入れ方 で詳しくご紹介しています。)

ぜひ、良質のミネラルをたくさん摂っていき、健康な体をつくっていきましょう。そして「環境を汚さない努力をしていくこと」も、間接的にですが、私たちの体に反映してきます。そんな意識ももっていきましょうね。

女性(笑顔)

そうよね。現状をよく知って、今できることも考えていかなければいけないわよね。