Pocket

この記事は約 10 分で読めます。

女性(ポイント)

「アロマ」って、むずかしそうなイメージがあったのよね‥ でも、「メディカルアロマ」っていうのもの普及活動をしている人と出会って、ちょっと「アロマ」に対する見方が変わったのよ!

「アロマ」のイメージ

「アロマ」って、「実際に使ってみたいなー。」って思っても、まずどこから購入すればいいのかからわからないものですよね。「100円ショップのものは、良くない気がする。」とか、「この間、こだわっていそうなナチュラル専門店で買ってみた!」とか。何となくのイメージ先行になってしまうことが多いのではないでしょうか。

そして使い方も、「虫よけ、ゴキブリ対策に使えるらしい!」「風邪をひいたときにも、使えるらしい!」とは聞くものの、実際に使うとなると、ディフューザーやアロマストーンやアロマキャンドルで香らせることくらいしかできなかったり。

そんなふうに、「香り」は好きだけど「アロマを活用できる」ほどのものは持っていない。という人って、結構たくさんいますよね。

そんなときには、まず、「アロマの歴史やルーツ」を知っていくといいと思います。100円ショップのアロマと、こだわっていそうなナチュラル専門店のアロマの何が違うのか? なぜ、虫よけや風邪に有効的に働くのか? そんな理由を知っていけたら、より自分の生活の中に取り入れやすくなっていきますよね。

「アロマテラピー」の2つのルート

「フランス式」と「イギリス式」

「アロマテラピー」には、「フランス式」と「イギリス式」といった2つのルートがあります。

フランスでは、

「アロマ」は、「メディカルアロマセラピー」として発展していっています。なので、「精油」を薬として、内服したり、塗布したりとするそうです。そのため「精油」の取り扱いを出来るのは医師や薬剤師であり、一般家庭にはあまり普及していないと言います。

対して、イギリスでは、

美容やリラクゼーションへの活用を中心に「アロマ」が発展しています。「アロマセラピスト」と呼ばれる専門家が、心身を癒すことを目的として使用しているのです。

* 民間療法・伝統療法として、医療的な活用が強い 「フランス式」
美容やエステ、リラクゼーションとして活用される 「イギリス式」

「アロマテラピー」は大きくこの2つに分けることが出来るのです。
日本には「イギリス式」が伝わり、普及しています。

女性(ポイント)

だから日本では、「アロマ」と言ったら「美容やエステ」や「癒し」のイメージになるのね!

しかし近年、イギリスでも、日本でも、「精油を医療現場でも取り入れていこう!」という動きが広まってきています。そのため、日本でも「メディカルアロマ」なんていう言葉をちらほらと聞くようになっていますよね。

「アロマ」が薬になるの?

私たちが通常かかっている医療は、「西洋医学」と呼ばれます。患部を診て、クスリや手術や放射線治療などを行うものです。

対して、「代替医療(だいたいいりょう)」というものもあります。

これは「一般的な医療の代わりに用いられる医療」と説明され、日本だと「漢方」などがそれにあたります。その他「がん遺伝子治療」とか「免疫治療」とか、それこそ「食事療法」とか「オゾン療法」とかも含まれるそうです。

また、「補完医療(ほかんいりょう)」と言うものもあります。

これは「一般的な医療を補なう医療」と説明され、日本だと「鍼灸」などがそれにあたります。その他、「薬草」「アロマセラピー」「瞑想」「ヨガ」なども入るそうです。

そして、これらをすべて組み合わせたものが「統合医療(とうごういりょう)」と呼ばれるのです。つまり、 「統合医療」=「西洋医学」+「代替・補完医療」 ということ。

そして、その治療目的は、「人間が本来もっている自然治癒力を向上させる。」というものです。※ 現在の日本でも「統合医療」は、厚生労働省によってきちんと位置づけされています。

女性(笑顔)

「アロマセラピー」も「補完医療」に位置づけられているのね!

古代から愛用されてきた「薬用植物」

「薬用植物」のチカラ

医薬品も化学品もなかった時代は、病気の予防や健康の維持、疾患の手当てなどはどうしていたのでしょうか?

やはり、「薬用植物」の チカラ を借りていたのです。「薬用植物」は、それぞれの国や地域で、そこの伝統や文化と合わさりながら、さまざまな形になって、発展し、伝えられています。

* 中国では、「中薬」(漢方薬)となりました。

* ヨーロッパでは、「ハーブ」や「スパイス」といった形で利用されています。

* インドでは、インドの伝統医学で、薬用植物が用いられています。
       ※ また、「スパイス」の起源もインドにありますよね。

* インドネシアやマレーシアでも、その土地の伝統医療において薬用植物を利用しています。


そんなふうに、私たちの強い味方である「薬用植物」。
「アロマ」も、そんな「薬用植物」から抽出するエキスです。

「アロマ」の歴史

「香り」の歴史は、5000年前までさかのぼります。古代より「香り」は、神への捧げもの、死者への弔い、病人への薬、異性への媚薬として、利用されてきました。

古代エジプトでも、「お香」や「ハーブ」が用いられていたことがわかっているそうです。また、死者が蘇ったときのためにと「ミイラ」作りがされたとも言います。その「ミイラ」を作るために用いられたのが、「フランキンセンス」や「ミルラ」などの植物だったようです。
( ※「ミイラ」の語源も、「ミルラ」にあると言われているのだそうですよ。)

その他、古代ギリシャでも、古代ローマでも、「香り」は利用されてきているようです。

古代では、樹脂などをそのままか、油などに香りを移して利用されてきたと言われています。その後、蒸留技術が普及し、いまの「精油」という形になっていたそうです。

女性(笑顔)

なんだか素敵ね! それに、こうやってアロマの歴史やルーツをみていくと、なぜ、いま「メディカルアロマ」なのかが解ってくるわ!

日本では「香り」や「癒し」のイメージしかない「アロマ」ですが、じつは、こんなに昔から愛され、利用されてきたものなのです。

医薬品の歴史はここ80年くらい。でも、アロマの歴史は5000年くらいあるのです! それがいま、融合されようとしている。まさに「 温故知新( 故(ふる)きを温(たず)ね、新しきを知る )」ですね。

男の子(まる)

「おばあちゃんの知恵袋」を大事にした方がいい!ってママも言ってるよ!

「アロマ」の活用法

女性(笑顔)

さっそく「アロマ」を使いたくなってきたわ!

「アロマ」選び

まずは、どこから購入していけばいいのでしょうか?

「アロマ」は、いま、とても人気なので、エッセンシャルオイル(精油)を取り扱っているメーカーさんはたくさんありますよね。そして「精油」というのは、同じ種類のものであっても、その造られ方によって全然変わってくるとも言われます。

なので、自分に合う「オイル」や、自分に合う「メーカーさん」というのを見つけていけるといいですね。そんな「アロマ」を生活に取り入れていけたら、きっと、生活に「潤い」がプラスされていくでしょう。

今回、セラピストのお友達と一緒に、何社かをピックアップしてまとめてみましたので、ご紹介します。参考にしてみてくださいね。

* 良いものを選びたい!
・・厳密検査、成分表示多数な高品質の精油を取り扱っているメーカーさん。
・・プラナロムメドゥズアメオドテラヤングリビング

* 手頃、気楽に使いたい!
・・見かけやすい、手に取りやすいメーカーさん。
・・生活の木ニールズヤード

* こういうのもあるよ〜
・・yuica・・日本の森から生まれたアロマ 
・・Aroma of Australia・・オーストラリア産とニュージーランド産の精油
※「オーストラリア」は、「自然療法」が好きな人はよく訪れる国なんだそうです。


これらを参考に、自分の好みや趣向から、自分に合いそうな「オイル」や「メーカーさん」を探してみてください。

あとは、「つながり」を大切にしているメーカーさんのものを選んでいくというのもいいと思います。その精油がどんなふうに作られているのか? その精油はどんな特色を持っているのか? その精油をどんなふうに活用していったらいいのか? 販売だけでなく、そういったところまでフォローしてくれるところの方が使いやすいですよね。

また「アロマ」の知識が深い人とつながれていると、さらにいいですよね。そうすると、日用品(虫よけスプレーや入浴剤など)の作り方をレクチャーしてもらえたり、どういう種類のオイルがそれに合うかを教えてもらえたり、体調を崩したときに、精油をからだのサポートとして活用する方法を聞くことができたりともしますよね。

「アロマ」は人それぞれ

「アロマ」がすごく自分に合って、“生活の必需品” になる人もいる。
「アロマ」が仕事になる人もいる。
「アロマ」が “選択肢の一つ” になる人もいる。

そんなふうに、それぞれでいいんですよね。

女性(笑顔)

私は、「選択肢の一つ」くらいでいいな。・・体調を崩した時やイライラした時に使えたり、子どもが体調を崩した時に活用できたり、そんな「ちょっと使い」ができたらいいな。って思うわ。

ときに「アロマ」は商法利用をされたりもしますが、「アロマ」の奥深さや歴史的なルーツを知っていくと、本物を、本来の利用のされ方にに倣って活用していけたらいいなと感じますよね。

選択肢をたくさんもって、自分や家族に合うものを選んでいく。そして、そこからつながっていくものを大切にしていく。そして、その一つ一つがもつ歴史やルーツ(そこまでつながってきたもの)も大切にしていく。そんなことができたら、自分の「いま」が、もっともっと充実していくのでしょうね。

「アロマ」もそんなツールの一つと捉え、楽しく取り入れていきましょう。